菌類処理

爪真菌:症状と治療 足の爪真菌の治療には多くの時間がかかります:1〜2回薬用組成物を塗布しても問題は解決しません。 真菌症が発達し始めて爪の表面全体を覆う時間がなかったとしても、かなりの忍耐を払わなければなりません。

治療を行わない場合、病気が広がり、小さな問題から「大災害」に発展します。 そして、人生の美的側面だけでなく、道徳的側面も苦しみます。 爪の表面に真菌症が広がり、合併症が現れる:

  • 歩くときの痛み。 強い痛みが残ります。
  • 裸足にできないことによる心理的不快感(浜辺でさえ、閉じた靴を履かなければならない)。
  • 家族や友人に感染する可能性があるため、緊張が絶えず増加しています(これらは小児でも後半でも、偶然のゲストでも、床に裸足で歩いていても構いません)。 真菌の胞子は、長い間生存能力を失うことなく室内にとどまっている。
  • 他の病気だけでなく、アレルギーがあります。 これは免除の枯渇によるものであり、そのすべての力は、招かれていないゲスト、すなわち爪の真菌に対抗することを目的としています。 このような免疫の混乱は、ウイルスや細菌によって享受されます。ウイルスや細菌は、その経路において実質的に対立することはありません。

医者に診察する必要がありますか?

顕微鏡を見ている医師_0

あなたが爪真菌を治療する前に、薬の正しい処方箋のために、爪の損傷した領域から削り取られた材料を播種する必要があります。

特定の株を確立した後、種々の抗真菌剤の成分に対するその感受性の実験研究が行われる。 治療の選択はそれに依存する。

1つのタイプの真菌は、現代調製物の活性成分に対して異なる感受性を示し得る。 したがって、爪の真菌をどのように治療するのかという問題で、医師に相談するのが最善です。

ドラッグストアの棚

真菌を治療するために正確に何かについてもっと読む:薬

製薬業界は、足の真菌を治療するだけでなく、損傷した爪の軟化および除去にも寄与する様々な薬物を提供している。 すべての医薬品は、

  • 真菌に対する成分を含むクリーム、エマルジョン、懸濁液、ゲルおよび他の形態の外用剤。 1日に数回爪の表面に適用し、局所的に行動する。
  • 経口投与のため抗真菌製剤の錠剤およびカプセル剤 。 彼らは内部的に取り込まれ、その影響力はすべての身体システムに及んでいます。
  • ネイルポリッシュ 。 それらの組成物には、局所的に作用する抗真菌成分がある。
  • 爪甲を軟化させるためのクリームとエマルジョン。 彼らは抗真菌成分を含まず、機械的に損傷部分を除去するのに役立ちます。

状況によっては、免疫調節薬を使用して身体自身の免疫力をさらに活性化することができる。

民間療法

あなたは様々な即興手段で爪真菌を治療するよう呼びかけ、民俗師、薬草師、ヒーラーのレシピをたくさん見つけることができます。

このようなレシピの使用は、治療を医師に遅らせ、問題を悪化させ、病気を無視された形にすることを忘れないでください

人がまだ「天然の」薬で治療したいと思っている場合は、医学的な治療の主な治療法を補うための処方箋として使用する必要があります。

レーザー処理

薬が損傷した爪の組織の深部に常に浸透するわけではないので、現代の医学はレーザー放射の助けを借りてこの問題を解決することを提案している。 梁は菌糸体と菌体に作用します。 いずれのタンパク質性化合物と同様に、温度の影響下で寄生生物の組織は凝固し、その生命機能(死亡)を止める。 いくつかのレーザー治療の後、足の真菌が退く。

非標準オプション

Otomycosisはかなり稀な形態ですが、治療されます。 人体に発生する真菌のいくつかの菌株があり、そのうちのいくつかは皮膚に影響を与えることができ、他の菌は手足の好む。 皮膚には、髪、赤み、剥離の領域、出血、咲き(異なる色でもよい)の領域が現れることがある。

そのような現象は、鼠蹊部 、腋の下、 頭皮 、手のひらや 、そして実際には耳の中でさえ、どこにでも現れることがあります。

足の真菌の治療が早期に開始されない場合、それは爪の表面全体に広がることがあり、病気が手の爪板に移行する。 実行中のフォームは複雑な治療を必要とし、場合によっては、真菌症を取り除く唯一の方法は、手術によって患部プレートを完全に除去することである。

衛生

クリーン - 健康の保証 病気を永遠に取り除きたいなら、 衛生的な処置を忘れるべきではありません。 あなたが衛生の規則に従わない場合、足の真菌の治療は何年も続くことがあります。

  • 1日2回以上、局所用医薬品を塗布する前に足を洗ってください。
  • 足を洗うたびに靴下(タイツ、ストッキング、ストッキング)を交換してください。 汚れた靴下は他の衣服と一緒に保管してはならず、次の使用前に煮沸しなければならない。
  • 特別な抗真菌薬で (スニーカー、スニーカー、スニーカー、サンダルなどを含む)を消毒するか、またはそれを完全に消毒します。

医師へのタイムリーな治療、 医薬品の使用スキーム、衛生管理、消毒ルールの厳格な遵守は、爪の真菌症を永遠に取り除くことを可能にします。 このプロセスはかなり長く、6か月か1年かかりますので、あなたは辛抱強く、永続的でなければなりません。 意図された治療計画からの逸脱は、回復時間を遅延させる可能性がある。 医者に相談することを忘れないでください。

そしてもう少し:

真菌はどのように皮膚に見えるのですか?

真菌は様々な場所に現れ得る。 好きな生息場所は体のぬれた部分です。脇の下、膝の下の部分、真菌は女性の胸の下によく見られます。 頭皮に発達することを好む真菌のタイプ、または例えば鼠蹊部にあるタイプの真菌がある。 体の上で皮膚の真菌は、色素沈着または丸みを帯びた領域または楕円形の領域を奪われた領域の形で現れる[...]

続きを読む...
レーザーによる爪真菌症の治療
レーザー爪治療

人のニーズは、主に次のような可能性によって決まります。スマートフォンを使用できる場合は、ダイヤルアップ電話のダイヤルをオンにする理由は何ですか? 状況は、現代美容医学の分野でも似ています。人は、快適で、迅速かつ効果的な治療を見つけることができる現代的な見解を持つ良い医者を探しています。 真菌の爪の感染症の場合 - これはレーザー療法です。

続きを読む...
病変の位置に応じた真菌症の診断と治療

彼の人生のすべての人が、自分自身に出会えなかったら、少なくとも彼は足の真菌症のような病気について聞いた。 親戚、友人、知人、同僚、医者、メディアから。問題の規模は非常に大きく、それを回避することはほとんど不可能です。 この疾患は、ヒトの集団において非常に一般的であり、様々な状況において伝染性真菌を拾うことが可能である。

続きを読む...
アスリートとは何ですか?

足の皮膚の真菌感染症は非常に一般的で治療が容易な疾患であると考えられている。 病気が脚に現れた場合、治療は長くなり、医師のすべての勧告が観察されても、再発が起こることがあることをご存じですか。

続きを読む...
写真で爪真菌を特定する
医者は虫眼鏡を見る

医師は、顕微鏡検査中に得られたデータに基づいて、視覚的検査の後に爪甲真菌症の診断を行う。 これらのデータは、病変の重篤度、および真菌感染を引き起こした病原体の考えを示す。

続きを読む...