どの医師が真菌 - 菌類学者または皮膚科医を治療していますか?

医者は疣贅をスキャンする 時間が経つにつれて、この不愉快な病気の治療は、費用のかかる抗真菌薬を2〜8ヶ月間使用する必要があるため、あらゆる種類の合併症からあなたを救い、お金を節約します。 それは真菌を治療する医者の名前ですか? どのスペシャリストに予約をするのですか?

すべての皮膚の問題を理解している医師は、 皮膚科医です。 彼が受け取った教育は、ウイルス性および感染性タイプの皮膚病変、 皮膚炎および湿疹、寄生虫疾患、あらゆる種類の発疹、汗および皮脂腺の炎症、ならびに真菌病原体によって引き起こされる疾患を治療することを可能にする。 皮膚科医は、各外来部および皮膚生物学的な診療所にあります。したがって、最初の検査では、それに書き留めることができます。 皮膚科医が治療をすることができ、真菌医に指示を与えることができます。

Mycologist - 同じ皮膚科医であるが、専門化を掘り下げ、爪、皮膚および髪の真菌病変の治療のみを扱うことを望んでいる。 しかし、彼はすべての政治家にはなく、すべての都市にさえいません。

ちなみに、髪の毛だけに問題があり、それがどのような病気であるのか正確に分からない場合は、 トリコロジストとの予約をすることは理にかなっています。 これは、ヘアトリートメントを専門とする医師であり、様々な真菌や地衣を含む頭皮の病気にうまく対処します。 繰り返しますが、あなたの街でこのような専門家を見つけることは必ずしも可能ではありません。

それは膣のカンジダ症 (ミルクメイド)を追加する価値があります - 女性は婦人科医に行くのが最善です、tk。 まず、検査は婦人科診療所で最も正確に行われます。 第二に、この症状は、「女性医師」がよりうまく対処できる他の病気または一連の問題を示す可能性がある。

あなたはモスクワまたはサンクトペテルブルクのリンクの下で皮膚科学センターを見つけることができます:

菌類学者の能力は次のとおりです。

  1. 皮膚、髪および爪の真菌および非真菌疾患の治療および予防。 非感染性のものには、爪の色の変化およびその外観、爪の傷、昏睡などがある。 爪甲真菌症、カンジダ症、表皮増殖症、微小胞子症、毛様体病は、カビまたは酵母菌によって引き起こされるため、真菌性疾患である
  2. 研究室の研究を行う。

だから、私たちは、爪真菌を治療する医師は真菌医と呼ばれていますが、皮膚科医も適切な治療法を処方することができます。 それは真菌学者との約束をするだけです。

医院で

肌の検査 最初のレセプションでは、医師は皮膚と爪の問題がどれくらいの間現われたかを尋ね、感覚を説明し、生き方を尋ね、問題の領域を視覚的に予備検査します。 しかし、病変の外部の徴候は、どのような種類の真菌が皮膚または爪に「生きている」かを示すことができないので、真菌学者(皮膚科医)は、爪および皮膚から死んだ鱗をこすり落として、 材料専門家の一部は顕微鏡下で研究し、一部は特別な栄養培地に植え付けます。 最初の研究には数分かかり、菌類が敗血症を引き起こしたかどうかしか判断できません。 材料の播種には10〜14日かかり、その結果は爪または皮膚に特定の種類の真菌が感染していることを確認します。

菌根の第2相談は、実験室の試験データおよび患者の体の一般的な状態に基づいて処方された薬剤の予約で終了する。 皮膚科医(菌学者)が以下を任命することができます:

  • 経口投与のための製剤(錠剤)
  • 局所効果のある薬(軟膏、クリーム)
  • 爪甲の外科的除去。

いくつかのケースでは医薬品を選択するために独立していますが、それは絶対に無意味です:いくつかはカビ真菌の中和のために特別に開発され、他は酵母真菌にしか影響を与えません。 さらに、これが脚の反復爪真菌である場合、医師はこれまで使用されていない別の薬剤を処方する。 その目的は、真菌を既知の治療法に適応させる可能性を防ぐことです。

制御のためには、真菌のための医師へのフォローアップが必要です。 事実、真菌の治療は長い過程である。 ときには病気が1つの領域で消えますが、他の領域では悪化します。

ビデオは、なぜ良い診療所に行かなければならないか、危険なのは自己投薬か事件への軽薄なアプローチであるかをさらに詳しく説明します:

3コメント

  • オレシア

    ありがとう。 有用な記事、今私はマイクロのために医者に連絡する必要があることを知っています。

  • ステファニー

    私はいつも有給の医師に向かう。 ちょうどキューが少ないが、自由なものと同じくらい知っている)))

    • ナタリア

      有料でも無料でも(同じ医師)、支払われた場合、彼らはお金を稼ぐことができ、自由に経験を得ることができます。

あなたの電子メールは公開されません。 必須フィールドはマークされています*
コメントは司会者の確認後にページに表示されます。