男としてイースト菌感染症を治すには?

混乱-manが見える・アット・質問マーク カンジダ属の真菌 - 条件付きで代表口腔、腸、生殖器の粘膜に生息する病原性の人間の生物。 免疫系および増殖および真菌カンジダの再生のための有利な条件の作成を減らすことによって開発し、男性に登録されているの症状はあまり一般女性よりもです。 ストレス、免疫不全、内分泌疾患、血液疾患、ビタミン欠乏およびいくつかの薬物の制御されていない使用 - 男性における酵母感染の発生を誘発する要因。

男性ではカンジダ症の最も顕著な兆候は以下のとおりです。

  • ペニスのかゆみ、
  • 腫れやペニスの亀頭の赤みと包皮、
  • 勃起と性交中の痛み、
  • 排尿時に灼熱感、
  • 酸っぱい匂いを持つグレー白凝乳状のふけの皮。

男性では酵母菌感染症の臨床型 - balanonopostitカンジダ症、カンジダ尿道炎、カンジダpielotsistit。

治療

男性ではカンジダ症の治療は、食事療法や漢方薬、ローカルおよび一般的な医学の使用、合併症の開発のための外科手術を必要とします。

食事療法

健康的な食事 人間の栄養 - ツグミをトリガすることができます要因。 高速炭水化物:ケーキ、お菓子、菓子、ベーカリー製品、チョコレート - 菌類のための良好な繁殖地。 ツグミの治療は、食事の補正を開始する必要があります。 ビート、ニンジン、キャベツ、などの乳製品:これを行うには、お菓子や焼き野菜に置き換える必要があります。 患者はマリネ、肉、漬物、アルコールを制限するお勧めします。

代替方法

私たちは強く、伝統と陳腐な疾患の治療のための代替医療を使用しないことをお勧めします。 したがって、代替の方法が提示されているここだけの教育目的のために。 医者に行く、薬局の薬は使用し、ダイエットに保つクリーン滞在し、そして疾患が後退しています。

http://primalinstinctpheromone.com/lechim-molochnicu-doma/

薬物治療etiotropic

完全に真菌感染を取り除くと再発の恐れないためには、両方の性的パートナーに同時に扱われなければなりません。 男性と女性の伝統的な医学でイースト菌感染症を治療する方法は? これを行うには、抗真菌剤の2グループがある - ローカルおよび一般

より多くを学ぶために絵のいずれかをクリック:

ツグミの予防

予防対策はツグミのとおりです。

  • 抗生物質治療中の抗真菌薬の使用、
  • 性的パートナーの検査と治療の間、
  • 衛生の高い基準を遵守 - 性器の定期的な洗浄、
  • セックス時のコンドームの使用、
  • 綿の下着を身に着けています。

合併症

混乱し-man11 特に免疫不全のある人で、血液中のカンジダ菌の可能性浸透のタイムリーで適切なサイズの治療、の不在で。 微生物は、体全体に急速に広がり、内臓に影響を与えます。 このような合併症は、発熱、震え、吐き気、頭痛によって明らかにされています。

男性のツグミの治療に、より複雑な? 患者の抗真菌剤は、注射によって投与します。 複雑なツグミの治療は集中治療室で行われます。

患者が治療の推奨コースを耐えていない場合は、病理はしばしば再発し、より集中的な治療が必要です。 内部の軟膏を交換することを申し出た患者は、「処方フルコナゾールを 1、4、7日、および月の後、1時間週:スキームに従って」。

慢性型

タブレット 男性で慢性カンジダ症は、長い時間のために扱われ、常に成功していません。 この目的のために、ローカルおよび一般的な抗真菌剤が、別々にそれらを使用しています。 軟膏各増悪後の変更、および「フルコナゾールは」6ヶ月間、週に一度取ります。 患者の免疫調節剤に処方免疫力を強化します。 薬剤が抗真菌への真菌の感受性を決定する実験室でのテストの結果の後に規定されています。

慢性イースト菌感染症は免疫不全で発症し、定期的に悪化してしまいます。 継続的な治療の抗真菌薬は、真菌に抵抗を生成し、それらを無力になります。 男性で再発性および慢性カンジダ症の治療は薬物療法、菌類を破壊無防備なセックスを除く、食生活を変え、免疫システムを強化し、悪い習慣をあきらめています。

(男性用)自宅でツグミを扱います
民俗sredstava

フィトセラピーどのように薬草の助けを借りて、男性にイースト菌感染症を治すには? 男性ではイースト菌感染症のための効果的な薬草療法 - ハーブティーはカモミール、クローブ、メギ、キンセンカからなります。 それは外性器を処理する準備ブロス、紅茶、であるから、ハーブラップや風呂を作ります。 それは薬用植物の抗真菌および抗炎症作用を提供するため、フィトカモミールは、有益な摂取します。 [...]

続きを読みます...
酵母から男への錠剤
タブレット

疾患の全身治療は医師が処方のみ錠剤の薬を使用して行われます。 男性ではイースト菌感染症からの錠剤:フルコナゾールイトラコナゾール療法および投薬の期間は、疾患の重症度に応じて、医師を選択します。 「フルコナゾール」の治療効果は菌の再生に必要な酵素の一部の破壊に関連しています。 薬は、血液中を循環した状態で破壊されない真菌細胞を破壊します[...]

続きを読みます...