結膜嚢の特徴

目 眼と眼瞼との間に位置する空洞は結膜嚢と呼ばれる。 眼球と眼瞼は後壁と前壁を形成し、それらの当接領域は結膜のボールトである。

袋の定義は偶然によって与えられるのではなく、閉じたまぶたではすべての側で密閉された空洞を表すためです。 1〜2滴以下の液体量に適合します。 上部アーチの平均深さは10mm、下部アーチの深さは8mmです。

結膜嚢の表面は柔らかいピンク色の滑らかな殻で覆われている。 結膜の外側および内側のコーナーは、その中に多くの血管があるので、緩くて赤い。 結膜嚢は、目の涙やぬれの分泌に必要であり、埃や糸くずの粒子を粘膜とともに除去する。

どのように点眼剤を適用する?

点眼液を埋める あらゆる眼科用薬物は、結膜嚢に直接埋め込まれる。 より正確には、下部のアーチで。

これは、眼瞼を閉じた後、ツールが均一に分布し、目の粘膜全体を覆うという事実による。 薬物の急速な吸収と薬理作用の早期発現に寄与するのは何か。

眼を埋めるときは、規則に従わなければなりません:

  1. 石鹸で手をよく洗ってください。
  2. 溶液で瓶を振る。
  3. 頭を軽く投げ、下まぶたを指で引っ張り、結膜弓に1-2滴を入れて、まぶたをはずします。 点滴されると、瞳孔は上方に向けられ、バイアルの先端は目に触れない。
  4. まぶたを2〜3分間閉じます。
  5. 目の内側の角の近くにある涙の嚢を注意深く押して、薬の残骸が出てくるようにします(存在する場合)。 きれいな布やナプキンで湿気をよくふき取ってください。
2>軟膏の塗布方法は?

下瞼の軟膏の賦課 下瞼を引っ張って見上げる。 チューブから軟膏の薄い帯を、その全長に沿って、内側の外側コーナーから外側のコーナーに移動して、下側結膜円蓋に絞る。

完了後、点滅することが有用であるため、薬物は表面上に速く分布する。

結膜嚢にいくつかのタイプの薬物を導入する必要がある場合は、ある順序を守らなければならない。

  • まず水溶液を埋める。
  • サスペンションが適用されます。
  • 最後に軟膏を塗布する。

注射間隔は少なくとも10分である。 膿が放出された場合、目は最初に冷たい流水で洗浄される。

コメントを追加コメントを

あなたの電子メールは公開されません。 必須フィールドはマークされています*
コメントは、モデレートされた後にページに表示されます。