皮膚炎

CM4 皮膚炎 - 炎症性皮膚病変。 それは、種々の刺激など、積極的な化学物質やアレルゲンの作用下で起こります。 例99%で、病原性微生物に関連していないと伝染性ではありません。

これは、他の皮膚疾患と混同することができます。 下の写真と説明を見て、これを避けるには:

最も頻繁に

1. アトピー性皮膚炎(AD) 。 トリガ(「スイッチ」)は、アレルゲンの様々なことができますが、彼らは唯一の疾患の反応機構は、はるかに複雑であるスタート。

子供のADの写真(明らかにこちらをクリックしてください)

成人のADの写真

患者がADに対する遺伝的素因を持っている必要があり、一方または両方の親がアレルギーを持っている場合、リスクは大幅に増加しています。 史上初めてそれが現れる幼児期に 。 少しの患者のための古い名前 - 「素質」。

湿疹、又はアトピー性皮膚炎、ならびにトリガー種々の合併症 - 放置すれば、それは慢性的になることができます。 治療について詳しく読む: 子供たちに大人で

2. アレルギーのD-T 。 AD外部に類似した、危険の少ないが、それはそれは扱われるべきではないという意味ではありません。 アレルゲンの除去と、必要に応じて、 抗ヒスタミン薬は、例99%に良い効果があります。

アレルギー性皮膚炎の例

アレルゲンは、皮膚(家庭用化学物質)と直接接触させることができる、または消化管(食物アレルゲン)を介して気道(花粉、ほこり)を介して入力することができます。 このすべての結果 - 抗体およびアレルギー性発疹の開発は、患者が彼女にかかりやすいされていない限り。 症状や治療については、こちらをご覧ください

3. シンプル接触皮膚炎 -直接接触部位への積極的な化学物質に対する皮膚反応。 別の段落では、反応は抗体とアレルゲンなしで行われますので。 仕事は化学薬品、洗浄剤およびそれらとの永続的な接触に関連している場合が多い職業病。

フォト

最初に行うべきこと - 刺激物との接触を排除し、将来的には、それを避けるために。 例えばそれが収まらない場合は、職場での保護具を使用し、化粧品、家庭用化学薬品を拒否。 Vostroフェーズは、特別な軟膏を使用し、よりを

4. 脂漏性皮膚炎 -ではないまれなケース。 通常、頭皮、時には影響の顔を 。 この疾患は、皮膚の皮脂腺からの過剰な放電を引き起こすCNSの機能障害と関連しています。

たくましいtetter

顔にSebroeyny D-T

一般的に、脂漏症は、小さな化粧品の欠陥であるが、それは合併症を与えることができます。 幸いなことに、今日のために(より正確にドッキング)、脂漏性皮膚炎が正常に治療することができるより

皮膚炎のレアフォーム

DtをDyuringa 。 疱疹状 - ヘルペス、同義語の外部似ています。 しかし、発疹は、任意のウイルスや細菌、自己免疫疾患のメカニズムなしで開始されます。

フォト

グルテン不耐症とのリンクを知られている、または不十分許容されます。 さらに、食事からの穀物の例外は、それが必要なspetsefichesky処理であり、 詳細..

成人の剥脱性皮膚炎(紅皮症) -皮膚の以上90%の敗北。 アトピー性及び脂漏性皮膚炎、乾癬、苔赤 - ほとんど常に重篤な皮膚の疾患の合併症として生じます。

その理由は、人々の手段を治すためにしようとして、間違った治療、薬の自己処方することがあります。 大幅に患者の状態を悪化させる薬物のか、刺激物/アレルゲンとの接触による投与も可能です。

病院で治療を必要とする、すべての薬の服用を中止し、医師の診察を受けることが重要である以上

DTリッター、剥脱性またはd-T新生児 -厳しい天疱瘡。 細菌起源の、かなり危険。 影響を受ける新生児だけのため 彼らの皮膚は、任意の病原体で、特に急性反応し、特別な注意が必要です。

フォト

治療は、医師の監督下でのみの病院で行われる詳細..

上記の条件を取ることができ水疱しだれ独自の特性を持つフォームを。 それぞれのケースで、それはむしろ単独の治療を処方しようとするよりも、医師によって観察されます。

のは忘れないでみましょうfotodermatitに複数の関連で、 アレルギー疾患 、自己免疫により。

だから、あれば患者の症状は、上記のサンプルに似ている-治療や皮膚炎の任意の形式の防止についての詳細を調べるためにリンクをクリック。

1 最後に、一般的なガイドライン:

  • 不必要特にホルモン(グルココルチコイド)の薬を使用しないでください。 彼らは、適切なスキンケアを必要とするとき、強力で短期的効果を提供します。
  • 若い子供たちは、定期的に皮膚に適用されなければならないエモリエント剤 。 積極的な環境での穏やかな子供の肌は、簡単にそれらを保護するために彼らのバリア性を失い、これらの薬剤を使用することができます。
  • 彼らが発生したときに胃腸障害を処分。 ビフィズス菌のdysbiosis小道具レートの場合には、幸いにも、彼らは任意のドラッグストアで販売されています。
  • 皮膚病は危険であると写真上またはリモートでそれらを識別することは常に可能ではない、ことができ診療所までお問い合わせへの迅速かつ、問題を解決するには影響なし。
  • あなたは診断が不明な場合は、「記事を参照して皮膚上の菌の写真と説明を 」痛み抗真菌軟膏を治療する必要があるかもしれません。
  • 健康的なライフスタイルを維持し、ジャンクフードを食べていない、(移動の食事勧告を )。 エンドレスの研究では、関係何回ものライフスタイルと健康を確認しています。

より詳細に疾患のある形態は、関連資料に記載されています。

コルチコステロイド軟膏の一覧

このようように皮膚炎、アレルギー性発疹との性質として、皮膚科の病状の治療に使用される薬物のかなり大規模なグループがあります。薬剤師の間でこれらの薬は、副腎皮質ステロイドと呼ばれます。 一般情報コルチコステロイド - veschestvennoobmennyhプロセスを調節する副腎によって生成ホルモン物質。 これらのホルモンは、実際には、炎症の開始剤であるプロスタグランジンの形成を遮断します。 その結果、コルチコステロイド資金の適切な使用[...]

続きを読みます...
世代抗ヒスタミン薬

毎年、皮膚炎を含めアレルギー反応の数は着実に伴う環境悪化や文明の観点免疫系の「アンロード」に、増加しています。 これらの薬物は、H1ヒスタミン受容体に結合し、それらをブロックします。 したがって、ヒスタミン受容体に連絡することはできません。 効果は、アレルギーを治まります。

続きを読みます...
子供のアトピー性皮膚炎

統計は、アレルギー反応の誕生以来、最初の年に10人の子供のうち、約6に影響を与えることを報告します。 そして、年齢の5年後 - それは、通常は他の疾患と関連しているので、慢性再発条件のような唯一の2 10のトリートの子供たちは、非常に困難です。

続きを読みます...
アトピー性皮膚炎

刺激アレルゲンの影響だっ前提れる皮膚の炎症、 - 一般的な事実の分類は、症状と診断治療写真のアレルギー性皮膚炎を引き起こします。 病理学は、発赤、掻痒感、潰瘍および小胞の外観のような典型的な症状を生じます。 アトピー性皮膚炎(素因)親は、多くの場合、患者がまだテーブルの下に足の上を歩く理解していれば、アレルギー皮膚炎は、多くの場合、大人の特権です[...]

続きを読みます...
接触性皮膚炎

この記事では、単純な非アレルギー性接触皮膚炎の自然を見てください。 摩擦または高(低)温度への化学物質:このような疾患は、刺激物との皮膚接触後に発生します。

続きを読みます...