皮膚炎

cm4 皮膚炎は炎症性皮膚病変である。 積極的な化学物質やアレルゲンなどの様々な刺激の作用の下で発生します。 症例の99%において、それは病原性微生物叢と関連せず、伝染性ではない。

他の皮膚疾患と混同することがあります。 これを避けるには、以下の写真と説明を参照してください。

最も頻繁に起こるケース

1. アトピー性皮膚炎(ATD) 。 トリガー( "スイッチ")は、異なるアレルゲンであることができますが、反応を誘発するだけで、病気のメカニズムははるかに複雑です。

子供のためのADの写真(ここをクリックしてください)

大人の写真AtD

患者はADに対する遺伝的素因を有していなければならず、一方または両方の親がアレルギー性である場合、リスクは有意に増加する。 幼児期にはじめて明らかになりました 。 若い患者の時代遅れの名前は「素質」です。

治療を行わないと、湿疹やアトピー性皮膚炎などの慢性形態になり、様々な合併症を引き起こす可能性があります。 治療法の詳細については、小児成人を参照してください

2. アレルギー性疾患 ADとは外向きに似ていますが、それはあまり危険ではありませんが、治療すべきではありません。 アレルゲンおよび必要に応じて抗ヒスタミン薬を排除すると、99%の症例で良好な効果が得られます。

アトピー性皮膚炎の例

アレルゲンは、皮膚(家庭用化学物質)と直接接触する場合や、気道(花粉、ほこり)、腸(食物アレルゲン)を介して侵入する場合があります。 このすべての結果は、患者がそれに罹りやすい場合、抗体産生およびアレルギー性発疹である。 症状と治療についてもっと読む

単純接触性皮膚炎 - 接触点で直接攻撃的化学物質への皮膚反応。 反応は抗体とアレルゲンなしで起こるため、別の段落で選択されています。 化学物質、洗浄製品、およびそれらとの絶え間のない接触があれば、職業病になることがよくあります。

写真

最初に行うことは、刺激物との接触を排除し、将来それを避けることです。 例えば、化粧品や家庭用化学品を放棄する場合は、それが適切でない場合は、生産に保護装備を使用してください。 特殊相軟膏は急性期に使用される。

4. 脂漏性皮膚炎はまれなケースではない。 通常、頭皮、時には顔に影響を与えます。 この疾患の形態は、皮膚の皮脂腺から過剰な分泌を引き起こすCNSの機能的障害に関連する。

頭部脂漏症

セブロイニーdtの顔

脂漏症は通常軽度の化粧的欠損であるが、合併症を引き起こす可能性がある。 今日は幸いなことに、脂漏性皮膚炎は首尾よく治療されます(より正確には止まる)。

稀な形態の皮膚炎

Dt中に 。 外側にヘルペスに類似して、同義語 - herpetiform。 しかし、発疹はウイルスや細菌の関与なしに始まり、病気のメカニズムは自己免疫です。

写真

耐糖能異常またはグルテン耐性不良は確実に知られています。 ダイエットからの穀類の排除に加えて、あなたは特別な治療が必要です..

成人の剥離性皮膚炎(赤芽球) - 皮膚の90%以上の損傷。 アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾癬、地肌浮腫など、重度の皮膚疾患の合併症としてほぼ常に発生します。

理由は、不適切な治療、薬物の自己処方、民間療法を治す試みである可能性があります。 薬剤を服用したり、刺激薬/アレルゲンと接触すると、患者の状態が劇的に悪化する可能性もあります。

すべての薬の服用をやめ、医師に相談し、病院での治療が必要であることなどが重要です。

Dr. Ritter、または新生児の剥離性dtは、重度の形態の天疱瘡である。 細菌の起源を持って、非常に危険です。 新生児のみ対象となります その皮膚は特に病原体に敏感で、特別な注意が必要です。

写真

治療は医師の監督の下、病院でのみ行われます。

上記の状態は、独自の特異性をもって、 水泡状または湿った形態をとることがあります。 いずれの場合も、自分で治療を処方するよりも、医師が診察する方が良いです。

自己免疫よりもアレルギー疾患の可能性が高い光皮膚炎について忘れないようにしましょう。

したがって、患者の症状が上記のパターンに類似している場合は、適切なリンクをたどって、1つまたは別の形態の皮膚炎の治療および予防について学んでください。

1 最後に、一般的な推奨事項:

  • 不必要に薬物、特にホルモン(グルココルチコステロイド)を使用しないでください。 ほとんどの場合、適切なスキンケアで十分ですが、強力で短期的な効果があります。
  • 幼児は皮膚に皮膚軟化剤を定期的に塗布する必要があります。 攻撃的な環境下で柔らかい子供の皮膚は容易にそのバリア特性を失うことがあり、これらの薬物はそれらを保護するために使用される。
  • それらが現れたときに胃腸の問題を取り除く。 不妊症の場合は、ビフィズス菌のコースを飲みましょう。幸いにもいずれかの薬局で販売されています。
  • 皮膚病は危険であり、写真や遠隔からそれらを特定することは常に可能ではない。問題を解決するために迅速かつ効果的に診療所連絡する
  • 診断が不明な場合は肌の真菌の写真とその説明 」の記事を参照してください。おそらく、痛みは抗真菌性軟膏で治療するべきです。
  • 健康的なライフスタイルをリードし、ジャンクフードを食べず、移動する( 食事の推奨 )。 無限の研究は、何度もライフスタイルと人間の健康の関係を確認しています。

より詳細には、疾患の個々の形態は、関連記事に記載されている:

コルチコステロイド軟膏のリスト

皮膚炎、アレルギー性発疹などの皮膚病理学の治療に使用される薬物のかなり大きなグループがあります。これらの薬物は、薬剤師の間でコルチコステロイドと呼ばれています。 一般情報コルチコステロイドは、物質交換プロセスを規制するために副腎によって生成されるホルモン物質です。 これらのホルモンはプロスタグランジンの形成を阻害し、実際には炎症過程の開始剤である。 コルチコステロイドの正しい使用の結果として[...]

続きを読む...
抗ヒスタミン剤の世代

毎年、皮膚炎を含むアレルギー反応の数は着実に増加しており、これは環境劣化と文明における免疫系の「負担」と関連している。 これらの薬物は、H1-ヒスタミン受容体に結合し、それらをブロックする。 従って、ヒスタミンは受容体に結合することができない。 アレルギーが治る。

続きを読む...
小児アトピー性皮膚炎

統計によると、出生後の最初の1年間に、10人の赤ちゃんのうち約6人がアレルギー症状に苦しんでいます。 そして5歳後には10のうち2人しか罹患しない。このような小児の慢性的な再発症状は、他の疾患と通常併用されるため、治療が非常に困難である。

続きを読む...
成人のアトピー性皮膚炎

成人のアトピー性皮膚炎は、伝染性のない皮膚疾患であり、慢性的な経過を呈し、内的疾患、アレルギー反応、外部刺激との接触の影響を受けて発症する。

続きを読む...
アレルギー性皮膚炎

一般的な事実分類原因症状および診断写真処置アレルギー性皮膚炎 - 皮膚炎症、その原因は刺激性アレルゲンの影響であった。 病状は、発赤、かゆみ感、びらんや泡の出現などの特徴的な症状が進行する。 親が最も頻繁にアトピー性皮膚炎(素質)に対処する場合、患者がまだテーブルの下を歩いているとき、アレルギー性皮膚炎はしばしば成人の特権です[...]

続きを読む...
接触皮膚炎

この記事では、非アレルギー性の単純な接触性皮膚炎について検討します。 このような疾患は、摩擦または高い(低い)温度の結果として皮膚に刺激物質:化学物質を接触させた後に起こる。

続きを読む...