アレルギー

アレルギーの症状を持つ少女 人体は、各第二攻撃ウイルス、真菌、細菌、水および食料の各吸入呼吸との「神殿」に侵入する他のより少ない有害物質にさらされます。 これらの外国人のエージェントは、免疫系の戦いを持ちます。

問題は、時には体が抗原のような絶対的に無害な物質に反応して、それらに対抗する抗体の、あまりにも大量に生成することです。

抗原と抗体は、好塩基球及びマスト細胞と組み合わせます。 そして、これらのシステムは、それらに定住、臓器(皮膚、鼻、肺、胃)への血流を通ってきます。 アレルゲンと戦うために意図された化学物質 - アレルゲンが再び体内に入ると、好塩基球および肥満細胞は、ヒスタミンを合成し始めます。

ヒスタミンの影響下:

  • これは、気管支、胃や腸の血管平滑筋の痙攣を開始します。
  • これにより、血圧を低下させる、毛細血管を拡張します。
  • 浮腫に表示されます。
  • 血液を厚く。

アレルギー反応を発症します。

、信じられないほど多くのこれだけで最も人気のあるものをアレルギーの原因となる要因:

あなたは試すことができ、あなたがにアレルギーがあるかを見つけるために自分自身を 、合格した方がよい特別なテストを

アレルギー症状は、アレルゲンの種類に依存し、人体の特定の部分に接触してそれを置きます。 これは、とすることができる: 蕁麻疹皮膚炎鼻炎結膜炎アレルギー性喘息血管神経性浮腫アナフィラキシーショック

反応の異なるタイプの詳細と写真..

治療法には以下の手順で構成されます。

  1. 最初の、そして最も重要なこと - アレルゲンとの接触を排除します。 多くは、この点を無視し、それは無駄です。 あなたは、問題の解決を遅らせる場合は、大幅に状況を悪化させることができ、簡単な体質は、湿疹、蕁麻疹通常のターンアナフィラキシーショックになることができます。
  2. 反応がひどい場合は、例えば、息切れや腫れbystronarastajushchihがあり、その後、あなたは救急車を呼ぶ必要があります。
  3. 三点目は誰もが知っている- 抗ヒスタミン薬は 、彼らは処方箋なしで販売され、有効です。 第一世代の薬はすぐに動作しますが、彼らが悪用されることはできません。 錠剤の第三及び第四世代 - 効果はそれほど強く発現されず、副作用および可能な長期使用の最小値。 鼻炎は、処方スプレー - 、結膜炎
  4. さらに - より強力な薬 - グルココルチコイド又はコルチコステロイド。 皮膚炎、蕁麻疹および発疹は、異なる使用軟膏としてSCSを 。 (例えば、それらは、筋肉内与える全身反応プレドニゾロンまたはベタメタゾン )。 唯一の彼らは非常に効果的であるが、多くの禁忌とその不適切な使用を持っている良いよりも害を引き起こす可能性があり、医者になることができ、そのような薬を処方。
  5. アレルゲン特異的免疫療法(ASIT)とautolimfotsitoterapiya(ALT) -比較的新しい治療法。 免疫系へのアレルゲンと適応正規化反応の段階的な導入があります。 これらの方法は、他の人とは違って、病気の原因ではなく、症状をなくします。
  6. ダイエットや健康的なライフスタイル - などの重要な要因 pischyaが主な原因と反応を誘発単に「トリガー」であってもよいです。

もちろん、反応の種類ごとに独自の特定の治療を持っています。 などのような特別な条件のために妊娠 。 それらのすべては、以下に記載されています。

アレルギー反応の種類

アレルギー反応の任意のタイプの処理は不可分ヒスタミン負荷を低減貢献アレルゲンおよび予防活動の識別にリンクされています。 最も人気のある応答、および特にその治療法を考えてみましょう。

続きを読みます...
じんましん

蕁麻疹(じんましん、または蕁麻疹)は、最も一般的なアレルギー反応の一つと考えられています。 急性じんましんの症状を生じたいくつかの報告によると、世界の人口の3分の1以上に少なくとも一度自分の生活の中で経験しています。 この疾患は、急速な発症によって特徴付けられる - 体内で炎症を起こして痒い水疱を現れ始めます。

続きを読みます...
要因

反応を引き起こす要因は、理論的には任意の物質であり得ます。 普通の水(実際には、トリガ亜塩石灰は通常動作)にも反応があります。 最も頻繁に例を考えてみて、どのようにそれらを避けるために、何回復することができません。

続きを読みます...
どのようにアレルギーの原因を知っていますか?

アレルギーは、結果に対処するよりも、防ぐことが容易です。 病気の症状を引き起こすかを知るために、およびアレルゲンとの接触を避けることが非常に重要ですので。 アレルギーの原因を正確に何かを見つけるためには、医師に相談する必要があります。 検査の特別なメソッドを使用してアレルギーは、アレルゲンを特定することができますし、疾病の治療上の助言を与えること。

続きを読みます...
ASITとALTのすべて

アレルギーを取り除くための最も効果的な方法は、アレルゲン特異的免疫療法およびautolimfotsitoterapiyaです。 第一の方法の本質は、以前にアレルギーの原因となった物質に対する免疫寛容につながる体中のアレルゲンの漸増用量を投与することを含みます。 自分のリンパ球によるアレルギーの補正で - 第二の本質。 これは以前の病理学的症状の原因となった物質にadaptiryvatsyaに体を可能にします。

続きを読みます...
子供と大人で慢性アレルギー
花のフィールドの男

慢性アレルギーが唯一の医師によって硬化させることができ、多くのニュアンスと落とし穴があり、それぞれの患者はユニークです。 そのような困難な状況で自分自身を治すためにしようとしないでください、私たちのこの記事で、spetsialistam.Odnako、患者が自分自身のために何ができる何かを連絡する必要があります。

続きを読みます...
乳児のアレルギーの原因

母乳されているアレルギー疾患や子供たちに奇妙なことになりやすいです。 アレルゲンの生活の問題の診断と識別のこの時期に、独自の仕様を持っています。 アレルギー反応の重要な部分は、授乳中の母親の低アレルギー誘発性食餌の違反の結果として生じます。 無意識のない任意の強力なアレルゲンを食べるには、推奨され、禁止食品のリストを参照してください。

続きを読みます...
妊娠中のアレルギー
妊娠しています

この問題に直面して子供を運ぶ時に、妊娠前にアレルギーの症状を持っていなかった女性の約35%。 非定型反応のわずかな疑いで、彼が最も良性の薬に基づく治療のコースを作り、ダイエットに関する勧告を与えたように、医師の診察をする必要があります。 アレルゲンや栄養食品と接触の欠如が成功し健全な赤ちゃんを作るために役立つ予防策の主な方法です。

続きを読みます...
低刺激性のペット:選択が可能です

多くの場合、家の中でペットの存在が家族のアレルギーの開発につながるような咳などの不快な症状、絶え間ないくしゃみ、涙目、じんましんなどを伴う。ほとんどの場合、病気は血液、尿、唾液中に存在するタンパク質に、人間の体の反応として発展しますペット。

続きを読みます...