アレルギー性皮膚炎

化粧品 - アレルゲンの一つ

アレルギー性皮膚炎 - 皮膚炎症プロセス、その原因は刺激性アレルゲンの影響であった。 病状は、発赤、かゆみ感、びらんや泡の出現などの特徴的な症状が進行する。

患者がまだテーブルの下を歩いているときにアトピー性皮膚炎(素質)が親によって扱われること最も多い場合、 アレルギー性皮膚炎はしばしば成人患者の特権です (子供は危険性が低い)。

アレルギー性および皮膚性徴候の素因を有する人々は、この形態の病理に罹りやすい。 多くは、皮膚起源の軽度の発疹に焦点を当てていないが、これは完全には正しいとは言えない。 結局のところ、これは多くの有機系に影響する深刻な病理であり、単純な美容上の欠陥ではない。

軽度の症状であっても身体の免疫防御を損なう可能性があるので、医学的な注意と適切な治療手段が必要です。

一般的な事実

obshestvo1 アレルギー性皮膚炎は、惑星全体の人口にも同様に影響を受けますが、一部の人々には依然としてその傾向があります。 この病理は、アレルゲン因子の刺激作用に対する身体の炎症反応であるため、伝染性ではない。

美容上の不完全さは無害な事実です。 アレルギー性皮膚炎は、患者の人生、特にその品質に重大な影響を及ぼすふわふわ感、激しい赤みおよび灼熱感、剥離およびかゆみ感の特徴的な出現を引き起こす。

同様の病理学的状態は、かなり単純なアルゴリズムに従って発展する。 皮膚または粘膜の粘膜表面または皮膚に落ちる刺激性アレルギー性因子は、アレルギー性炎症プロセスを開始する:

  1. アレルギー性抗原性物質との接触後、抗体および抗体はこの因子に対して過敏である。
  2. 抗原とのその後の接触のために、体はアレルギー性の皮膚炎で応答する。
ところで、発疹がアレルゲンとの接触部位に位置し、身体全体に広がらない場合、患者は単純な接触性皮膚炎を有する可能性が最も高い。

通常の皮膚炎と比較して、アレルギー性の品種は、明確な境界線を持たない病変、および部位および領域とは無関係に、アレルゲン物質と相互作用する広範な局在を特徴とする。 さらに、通常の皮膚炎は、特定のアレルギー誘発性刺激のグループと接触して、各患者に現れる。

家庭用化学薬品 簡単に言えば、刺激因子は本質的に危険であり、したがって同様のプロセス(酸、溶媒、家庭用化学物質などからの火傷および発疹)を引き起こす。

アレルギー性皮膚炎は、身体が感作を発症した物質に関連して起こります。 抗原性化合物に対して過敏である身体は、ほぼ即座に接触に反応するので、即時反応と考えられる。

多くの場合、アトピー性皮膚炎およびアレルギー性皮膚炎は同じ疾患とみなされ、治療はしばしば同様である。 国境は実際にはぼやけていますが、私たちはこれらの病気を別々に見ていきます:

  1. 病気の発症メカニズムは異なる。 このため、アトピー性皮膚炎は、アレルゲンと接触してからしばしば(時には数日)発生することがあります。 再発は未知の理由により発生する。 アレルギー患者では、発疹は非常に迅速に現れます。
  2. アレルギー性皮膚炎は、常にアレルゲンおよび抗体の存在を意味する。 最近の研究によると、アトピー性皮膚炎は非アレルギー性も有する可能性がある。
  3. アトピー性皮膚炎は遺伝的素因を必要とする。 任意の人のアレルギーを獲得することができます。
  4. ADDは、幼児期に最初に起こる。 大人に同様の問題がある場合、これが最大アレルギーです。

分類

専門家は病理の多くの品種を識別する:

  1. コンタクトアレルギー性皮膚炎 - 塩素化した水、石鹸、洗剤または洗浄剤、羊毛、植物花粉、昆虫などの環境要因との相互作用により生じる。
  2. 食物皮膚炎は、特定の食物に対する免疫系のアレルギー反応である。
  3. アトピー性形態 - 呼吸器症候群、胃腸管病変および皮膚病変の複合体全体を表す。 このようなアレルギー性皮膚炎は、ほとんど常に正確にアレルギーの倍音を有するが、自発的であるため、伝統的なアレルギー反応とは多少異なる。

理由

21_thumb1 既に説明したように、アレルギー性皮膚炎の犯人は、血液に入った場合に大きなタンパク質血球に結合する刺激因子である。 得られた化合物はアレルギープロセスを誘発する。 そのような状態を引き起こす最も一般的なアレルゲン:

  • 化粧品 、パーソナルケア製品(シャンプー、石鹸、練り歯磨き、クリームなど)。 今日では、残念なことに非常に頻繁にアレルギー性の接触性皮膚炎を引き起こす化粧品の巨大な選択肢があります。 顔面、まぶた、唇などの表面には、化粧品がある場所で臨床症状および症状症状が観察されます。
  • 医薬品 。 あらゆる種類の薬剤が病理学の犯人になる可能性があります:錠剤、クリーム、軟膏、注射剤など。アレルギー誘発性の高い薬物の中でも、スルファニルアミド、抗生物質、ビタミンなどが先導しています。
  • 植物 。 おそらくアレルギー性皮膚炎を引き起こす最も一般的な要因。 反応は、ハウスプラン、牧草、樹木の樹液または花粉上で起こることがある。 花粉は長距離のために空気中を移動します。 特定の植物に対して過敏症がある場合、アレルギーのある人にとっては、この植物を燃やすことによって引き起こされる喫煙も危険です。
  • タップからの水 。 殺菌目的のために、集団に供給される水は、特に春の洪水で塩素含有化合物で洗浄される。 それは不明な病因のアレルギー性皮膚炎の原因因子である塩素である。 このような病的状態では、源からの水に切り替えたり、アパートメントに良好な洗浄フィルターを設置することが望ましい。

ヴォーダクラン したがって、アレルゲンは3つの方法で身体に入ります:皮膚、食品(および水)、呼吸との直接接触。

様々なアレルギー物質や大気現象が、汗や日光、精油、化学物質、ゴムやその品種、ナッツやシーフードから蜂蜜や砂糖などのさまざまな食品を反応させることができます。 1つの記事の枠組みの中にそれらをリストアップすることはほとんど不可能です。

症状と診断

そのような病理学的プロセスの臨床像は、それらを引き起こしたタイプおよびアレルギー性因子によって決定される。 したがって、接触性皮膚炎が現れる:

  • 火傷やかゆみの感覚の発生;
  • 腫れた影響を受けた場所。
  • 水泡の出現、および破裂後の潰瘍およびびらん;
  • 皮膚や紅斑の発赤。

アレルギー性皮膚炎は、赤い斑点が泡が形成された皮膚上に広がり、開封後に痂皮および鱗屑で覆われた痛みを伴う湿疹の急性形態に類似した症状を伴う。 同様の病変は、直接接触(一次)または類似ゾーンからの相対距離(二次病巣)で生じる。

発疹は顔面で容易に起こり、その場合には脂漏性脂質と容易に混同される。

写真

注意! 内容が見苦しいかもしれません。

治療

アレルギー 診断には、皮膚に適用される様々な試験の助けを借りて実行可能なアレルギー病原体の同定が含まれる。 さらなる反応で、物質 - アレルゲンが計算される。

アレルゲンの同定と排除の後、病状の症状は徐々に消え、 99%の症例でこれで十分です。これは主な目的です。

屋内微気候 アレルギー性皮膚炎の治療に重要なのは屋内の微気候です。 迅速な回復のために、患者は45〜55%の湿度と20〜24℃の温度条件を提供することが推奨されます。

皮膚軟化剤は、子供および成人の両方において皮膚のバリア機能を維持する上で重要な役割を果たす。 皮膚の問題のある部位には、1日1回、好ましくは水の服用後に塗布してください。

灼熱感を取り除くために、メントールまたはD-パンテノールBepanten軟膏の使用が示されています

抗ヒスタミン剤 局所治療に加えて、抗ヒスタミン剤群の薬剤服用することが推奨されます。例:

異なる患者は薬物に対して異なる反応を示すことがあるので、一方がより良く、他方がより悪いと言うのは間違いです。 しかし、抗ヒスタミン剤は、副作用が最小限であるため、最新世代(リスト参照)に関連して、現代的なもののみを選択する必要があります。

160046 急性期では、ホルモン性軟膏( PrednisoloneAdvantanHydrocortisoneSinaflanElokom )を処方することができますが、攻撃を緩和するために数日間使用されます。 任意の疾患に対するグルココルチコステロイドは万能薬ではなく、一時的な解決策であることを理解されたい。

アトピー性皮膚炎の急性期に、滲出性小胞、痂皮および剥離が観察される場合、創傷治癒前に消毒剤および抗炎症剤を使用することが推奨される。例えば、 D-パンテノールBaneotsinLevomekol

異なる形態の治療の特徴: 泣き水疱性剥離性

治療の過程では、刺激された皮膚の状態がこれから悪化するだけであるので、水との接触を避けることが推奨される。 手を最低限の時間で穏やかな石鹸で洗ってください。 手を拭くためにワイプを消毒し、食べる直前に石けんと水で洗うことは有益です。

皮膚に傷がついている場合は、できるだけ早く修復するために治癒軟膏を使用してください(例: ActoveginまたはSolcoseryl )。

汗は皮膚の状態を悪化させる可能性があるので、下着をより頻繁に交換することをお勧めします。

アレルギー性皮膚炎を予防するためには、適切な食生活食生活のバランスを取ったり、家庭用化学物質の使用を減らしたり、自然に多くの時間を費やしたり、活発で健康的な生活を送ることが推奨されます。

2コメント

  • アナスタシア

    彼女はアトピー性皮膚炎で苦しんでいましたが、10回歩く必要があります。海にいるように、また、多発症や動物のアレルギーや開花に役立ちます。

  • オレシア

    彼女はホルモンで治療され、数日後に彼女は失神に転じた。 赤みが消え、汚れたトリックはすべてはがされる。 今でも私はまだそれらを塗って、皮膚に潤いを与えます。

コメントを追加コメントを

あなたの電子メールは公開されません。 必須フィールドはマークされています*
コメントは、モデレートされた後にページに表示されます。